女性

注目の施術で小顔効果

ウーマン

気になる症状はすぐに相談

ボツリヌス菌を利用したボトックス注射は、今美容整形施術の中でも大変人気になっています。ボツリヌス菌と言ってもそのまま使用する訳ではなく、そこから抽出したたんぱく質の一種であるボトックスを使用します。このボトックスを肌に注入すると筋肉に作用し、筋肉の動きが鈍くなっていきます。動きが鈍くなった筋肉は、どんどん細くなっていく為、顔に注入をした場合、小顔効果やエラ張り改善効果を得る事が出来るでしょう。非常に簡単な施術であり、眉間のしわや額のしわなどに対しても効果を発揮してくれるので、多くの人達が利用しています。そんなボトックス注射による副作用ですが、安全性の高い施術ではありますが、ゼロという訳ではありません。まれに注入量が多すぎてしまった場合など、筋肉への作用が過剰に出過ぎてしまい副作用が出てしまう場合もあるでしょう。副作用としては表情が無い様に見えてしまったり、眼瞼下垂などが挙げられます。通常注入する際は、その人に合わせた量を注入していきます。しかし、中にはドクターの判断ミスで注入量が必要量をオーバーしてしまう場合もあります。必要な量をきちんと注入していれば特に問題がありません。ですが、このボトックス注射は筋肉の動きを抑制する働きがあるので過剰に摂取してしまうと、筋肉が動きにくくなってしまい上手く表情を作れなくなってしまいます。また、額にボトックスを注入した場合、額や眉間の動きが悪くなってしまい目を開きにくくなってしまったりと眼瞼下垂の症状が現れてしまう場合もあるでしょう。だからと言ってボトックス注射が危険と言う訳ではありません。元々美容整形で利用される前から、顔面麻痺などの医療分野で使われている実績あるものであり、これらの副作用が必ず現れると言う事ではありません。あくまでも過剰に注入してしまったり、個人差があるので普通に施術を受ける上では過剰に副作用を恐れる必要はないでしょう。また、ボトックス注射自体永続的に効果が続く物ではありません。だいたい、数週間程度から効果が現れ、約半年程度効果が持続するものになっています。その為、副作用がもし出てしまった場合でも、効果が薄れると共に徐々に気になる症状も少なくなっていくでしょう。ただし気になる症状が続く場合などは出来るだけ早くクリニックに相談をする様にしましょう。ボトックス注射は、エラ張りを改善したり小顔を作る上でも最適の施術です。その為、女性を中心に多くの人が興味を持っている施術になっています。ただし、副作用が出てしまう場合もあるので、注意が必要です。また、ボトックス注射の場合、ドクターの腕に掛っている場合も多くあります。やはり、熟練の腕を持つドクターであれば、きちんとその人に合った量を注入する事が出来るでしょう。その為、ドクター選びも重要な鍵を握っています。これまでの症例数であったり、経歴や評判など参考にしながら、是非安心して施術をお願いする事が出来るドクターを見つける事が大切です。是非その為にも、ホームページや口コミサイトなど参考にしながら、どこで施術を受けるか決めましょう。